足に力が入らない

腰痛で下半身に力が入らないという症状が見られることがあります。
これは「坐骨神経痛」を起こしている人に多いとされている症状です。
「坐骨神経痛」での腰痛と下半身に力が入らないという症状について調べておきましょう。

 

坐骨神経はお尻から足にかけて走っている神経です。
この神経が圧迫されてしまうと坐骨神経痛が起きてしまいます。
「坐骨神経痛」は椎間板ヘルニアなどが原因で引き起こされることがあると言われています。
でっぱった椎間板が坐骨神経を圧迫してしまうのです。

 

急性腰痛症(ぎっくり腰)のように突然足に力が入らないこともあります。
しかし、多くの場合には連続的に腰痛と足に力が入らない症状やしびれの症状などが引き起こされると言われています。

 

症状の出方には個人差があり、それほど足に力が入らないということがないケースも見られます。
そのため坐骨神経痛の発見が遅れてしまい、椎間板ヘルニアなどがかなり進行してしまったという場合もあるようです。
坐骨神経痛の主な症状は、下半身(腰から足の裏までの範囲)に強い痛みやしびれが発生し、それを和らげるために動かないで安静にしていても痛みやしびれがおさまらない場合です。
天候によっても、気温が低い時や夕方に湿度が上がって天気が崩れそうなときに痛みやしびれが強くなります。
痛みではなく、足がだるくなったり、冷えたりするだけのこともあります。

 

急性の坐骨神経痛の症状として足に力が入らない状態となると、歩行できなくなったり座ることができないということが見られます。
腰痛と共に足を動かすことによるしびれが出るケースと、足に力が入らないケース、その両方などがあります。

 

自分の症状をチェックして早めに病院へ行くようにしてください。

 

足に力が入らない症状をともなった腰痛は、排便や排尿に影響を与えることもあるので、注意して体の状態を見ておきましょう。

 

坐骨神経痛による痛みが筋肉や靭帯の疲労で増してしまうことがあります。筋肉や靭帯が疲労して弱った結果として腰椎障害が起き、腰が不安定になったのを、腰まわりの筋肉が酷使されて緊張すると、コリができたり血行が悪くなることで坐骨神経痛の症状を悪化させます。

 

また精神的なストレスによって自律神経のバランスが崩れると、痛みを抑える機能が低下して痛みを強く感じるようになりますし、他にも腰の冷やしたり、長期間にわたって神経が圧迫され続けると、神経の炎症が自然回復しないほど損傷することがあります。

 

腰痛の治療は、一般的に筋肉の柔軟性を高め関節の動きを良くして腰への負担を軽くする「運動療法」 が勧められます。筋力を高めるには、腰痛体操やストレッチングがあります。

 

痛みを抑えるためには、痛みを感じなくする神経ブロックの注射を行う薬物療法と 炎症を抑え痛みを鎮める薬を服用することもあります。

 

そのほかには、カイロ、超音波、ホットパックなどで腰を温め血行を促進し、痛みや疲労の回復を早める温熱療法や、腰の負担を軽くするコルセットなどをつけることがあります。